whg+blog・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

Nikonの・入口・・

 

Z fc・・・

Z50・Z30と並ぶ。Nikon Zマウント入口のカメラ。レンタルサービスを利用して、28mm f2.8と共に借りてみました。

 

 

PH

 

 

APS-Cセンサー。画素数20.8MP リジットマウント。T30と近いセンサー廻りのスペック。ただしセンサークリーニングシステム無しと振り切った仕様が故、価格も今時としてはリーズナブルに感じます。

 

www.nikon-image.com

 

 

コレ、二桁機の代わりになるかな・・・

 

 

PH

 

 

 

 

PH

 

 

 

 

PH

 

 

 

 

PH

 

 

いずれも僕的定番の現像処理をしているので、撮って出しではありません。僕の使い方にマッチするかどうかを見たかったので、ご容赦ください。

 

 

PH

 

 

さてZfcの画、とてもキレイ。僕的ドストライクな描写。

Nikonはもう少し写実主義な色味かと思いきや、記憶色に近い画。RAW現像では少し懐が浅い感じがしましたが、それでも破綻することなく使いやすいデータと思います。

28mm f2.8はフルサイズ対応のレンズ。描写の余力はこのレンズの恩恵かな・・・

AFもシングルでの撮影でしたが、捉え方は正確な模様。コレは僕の中のXマウントの存在を揺るがすことになるかも・・・

 

ボディーカラーは黒が良い。

心許ないグリップの補完はコレ・・・

 

 

左目フォーカスの僕には、ファインダーアイピースの延長がマスト・・・

 

 

 

ちょっとその気になっていたのですが、一通り取り終えた後に、T30を持ち出して夕暮れのこの光加減を撮ったら・・・

 

 

PH

 

 

「あー、いい塩梅の出画。ソコまで前のめりにならなくても良いかな」 そんな結論に落ち着きました。

 

Zfcは良い画を出してくる、コレは事実。しかし色々と少し物足りない。

ヒエラルキーでいうと、Zfcはエントリー機であってT30はミドル機ということみたいだけど、所有する喜びという点で、Nikonにはもう少し頑張って欲しかった。

 

カメラは画が良ければ全て良し、という訳でもないので・・・

 

 

PH

 

 

そんな訳でNikonの入口に立っては見たものの、早々にお勘定済ませて出てきてしまいました。

 

さて、どうする自分・・・

 

Zfc