whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

Thunderbolt 4・・

 

 

なんとか足りてはいたのですが、心もとない・・・

そんな我家のM1 Mac miniのThunderbolt4 ポート。

デュアルモニタ運用したい。カメラからデータインポートを確保したい。後々M.2 NVMe SSDを増設してWindows環境をソコに引っ越したい等々。

もやもやしていると夢にまで出てしまうチキンなオッサンなんで、えいやと増設しました。

 

 

 

 

 

 

Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dock

 

Thunderbolt4 ポート(アップストリーム)、3つのThunderbolt 4 ポート(ダウンストリーム)、USB 3.1 Gen 2 USB-Aポートに接続が可能。

Thunderbolt4 ポートひとつからコレだけ分岐出来るとは、中々頼もしい。

ドックという名称ですが、ハブ的な立ち位置のガジェット。シンプルな分価格も割と控えめ。筐体がアルミ製なので放熱も期待出来そうです。

実は使い始めて既に2ヶ月が経過しています。安定性を確かめてから記事にしようと考えていたら、特に問題もなく快適すぎて時間が経ってしまいました。

現在M1 Mac miniからコレにThunderbolt4接続して、WQHDモニターとAKiTiO U3.1 Duo ストレージケースを接続しています。サブのFull HDモニターはMac miniのHDMIポートと接続して、M1 Mac 環境で2画面構成としています。

この状態で使用する上では、画像表示やデータ転送に支障が出ることはないです。

ただUSB-Aポートですが、USB 3.1 Gen 2に対応しているので、ストレージポートをこちらに移設する予定でしたが、計測すると何故か速度が出ない。通信は成立しているようなので、ハード的な障害ではない模様。ケーブルも替えてみましたが、結果は好転しなかったので、ソフトまたは仕様の問題かもしれません。このポートに期待することは止めました。

Thunderbolt4ポートに余裕が出来たので、M1 Mac miniがまた快適になりました。

ポート問題でお悩みのM1 Mac使いの方は、検討しても良いと思いますよ・・