whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

DS418J ・・12 UPS と連動する

 

 

重い腰を上げて、DS418J と 115J そして UPS シャットダウン連動設定を行いました。

SynologyのNASはUSB接続できるUPSとシャットダウン連動が設定できます。

さらに同じネットワーク上にあるSynologyのNASであれば、ネットワーク経由の連動が可能。

今回 DS418J をホストにして DS115J をネットワーク連動するように設定します。

設定方法ですが、DS418JとUPSをUSBケーブルで接続。

あとはDS418JのDSMにブラウザアクセスしてUPSとの連動設定をします。

我が家のUPSはオムロンのBY50S。もう10年選手ですが、まだまだ現役。

 

 

 

 

では、設定に進みます。

 

 

1

設定に入る前に、対象機材のIPステータスをDHCPから固定IPに変更しておきます。

この設定をしないとネットワーク連動で躓きます。

 

 

2

USBケーブルの接続。タイプA-Bのケーブルが必要。

 

 

 

 

 

3

接続終了後はブラウザからDSMにアクセスしてコントロールパネルに入ります。

コントロールパネル→ハードウェアと電源→UPSと階層を下ります。

USBサポートの利用 にチェックを入れて、USBタイプ から USB UPS  を選択。

f:id:orihasat:20211009213037p:plain

コレでDS418Jのサポート設定は完了。デバイス情報ボタン をクリックするとポッアップ画面にUPSの情報が表示されます。

 

 

 

4

続けて、DS418Jで必要なDS115Jのシャットダウン連動も設定します。

UPSメニュー上の、ネットワークUPSサーバーを有効にする をチェックします。

 

f:id:orihasat:20211009213309p:plain

 

 

 

次に 許可された DiskStaition デバイス と記載されたボタンをクリック。

するとポップアップ画面が出ますので、対象機材のIPアドレスを入力して適用ボタンをクリックしてDS418Jの設定は終了です。

f:id:orihasat:20211009214230p:plain

 

 

5

次にDS115Jの設定を行います。

コントロールパネル→UPSメニュー上の ネットワークUPSサポート の利用にチェック。

そして ネットワークUPS のタイプから Synology UPS サーバーを選択。

ネットワークUPSサーバーIP の窓に、ホスト側のDS418JのIPアドレスを記入。

適用ボタン をクリックします。

 

f:id:orihasat:20211009215201p:plain

 

 

コレで手続きは終了。

DS115J側でもUPSの確認ができました。

 

f:id:orihasat:20211009220037p:plain

 

 

DS115Jのシャットダウン開始はDS418Jより先に設定しました。

やってみれば、実に簡単な設定。

 

 

自宅周辺は停電が少ない場所ですが、自宅内停電はよくあることなので、UPSは必須。

最近NASの高容量化が進んだので、瞬断や停電による強制終了は、後のリカバリに障害を残す可能性があります。

 

備えあれば憂いなし。そんな感じの忘備録・・・