whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

AmazonとSynology・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

少し前の話になりますが、AmazonとSynologyからクラウドサーバー連携終了の

通知が来ました。SynologyのNASからCloud Syncを使って、Amazon Drive (photos)への

自動バックアップが、11月1日以降できなくなってしまいます。

 

Amazon Drive (photos)は、プライムの会員であれば写真に限り容量無制限、RAWもOKと太っ腹なサービス。

Cloud Syncは、ソレにバックグラウンドでせっせとバックアップしてくれる機能。

僕の環境下での最有用なバックアップ構成でしたが、残念な事になりました・・

訳に関しては両者語っていませんが、ストレージサービスを提供するAmazon的には、

その負担は大きいと思われ、制限を掛けることが目的と考えられます。

 

Synologyは、今後は自社クラウドサーバーサービスの利用を促していますが、そのコストは

Amazonのソレとは比較にならないほど高額。

 

クラウドバックアップサービスは色々とありますが、NASからソレに自動バックアップを行うサービスは意外と少なく、

ましてや容量データサイズに寛容なAmazon Drive (photos)との連携は、正しく理想のシステム。

 

クラウドサーバーサービスは未来永劫続く可能性は低く、ソレでもAmazon Drive (photos)へのコレが3年以上継続したことは、

ありがたい事かもしれないですね・・

 

さて次のバックアップスタイルを考えなくてはなりませんが、今後はローカル環境重視で考えるのが現実路線かも。

418JのSHRフォーマットの信頼性は問題ないので、適宜容量拡張とHDDの更新を行えば、ソレだけでストレージ

として完結出来そうな気配です。

 

現在115Jをローカルバックアップ機にしていますが、いずれは運用終了し418Jに役割を集約。

その方向で検討しようと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

AmazonとSynology・・

 

 

 

 

 

 

 

A056 + 7M3