whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

M1 Mac mini・外部ストレージ・・

 

 

 

M1 Mac miniの導入に際して、僕的な落とし所で選んだストレージサイズ500GB。

 色々と快適に使うには、当然少し物足りない。そんな訳で1TBのSSDをUSB3.1接続

SATA ADPを用いて拡張している。SSDは安定のCrucial。

 

500GBでパーティションを区切って、データとTimeMachine領域に分けて使って

いる。メインの長期的なストレージは418Jに委ねているので、M1 Mac miniロー

カルでの容量は、僕の使い方としては満足。 

 

ただ、このSATA ADPが少々ワルモノで、Bluetoothと干渉するノイズを出している

とのネタあり。確かにM1 Mac miniに近づけると、LogicoolのMX ERGOの反応が

おかしくなる事が度々あった。というか、このADPのケーブル長が20cm少々しか

ないので常に至近に置くしかないのだ。

 

近づいておかしい、ならば離すでしょ・・

 

USB-CのJJケーブル50cmサイズを購入接続してみた。元々のケーブル長が短いのは、

多分転送速度の損失を抑えるためと考えられる。周波数が高いほど、減衰率は高い

ので・・


 

 

 

 

管制塔・・

 

 

 

 ソコへケーブルをJJして延長するのは、理屈的には良くないのだが、結果的は稀有に終わった。

 速度低下は微々たるもので、体感上も問題ない。

 ただ、この数値がUSB-Cの実力に適ったものなのかどうか?そちらに疑問が残ってしまった。

 

 

 

 

 

 

Amazonで2,280円。さて如何に・・

 

 

 

XF35mmF1.4R + X-T30