whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

カメラ雑感・FUJIFILM・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

FUJIFILMは、フルサイズよりコチラで勝負するんだね・・

 

昨夜のフォトキナ・プレスカンファレンスを見て、そう感じたのは僕だけではないかも。

 

GFX-50Sが発表された時、もしやと思ったけど、GFX-100Sでソレを具体化してきた。

 

・100Mのセンサーが捉える高精細な画。

・それをIBISで支え、手ぶれ補正が効く。

・センサー全面に位相差AFセンサーを配置。100Mの画質で、動体を狙う。

・縦グリ付きのボディーは1Dと同じ位の大きさ。

 

なんか、凄いな・・

 

このビデオを見て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のエントリーで、FUJIFILMはプロモーションが上手だなと記していたけど、

僕的には、最近あまり面白いと感じる記事がなかった。

 

僕が最近7M3に傾倒しているから、そうかも知れない。

ソレでもグラグラさせる何かが、足りない感じがしていた。

 

でも、今回このビデオは久しぶりに来た感じ。やはりFUJIFILMは惹かれるメーカーだ。

 

開発シーンを盛り込みながら、各部署担当が語る。まだ筐体に全て収める事が出来ない状態。

その未完のカメラで、最後にスタッフの集合写真を撮る。

 

写真家 Mark Power氏がその演出を担当したようだが、シャッターを切るんじゃなくて、

エンジニアの肩を叩く。ソレが100Mの画が生まれる瞬間・・

 

1分48秒の短い映像。

華美な演出はないけど、FUJIFILMらしい語り口が、実に心地よく僕の琴線に触れた。

 

いいね、FUJIFILM。

 

でも、今日 T2 を手離してしまったんだ・・