whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

k-3・・

JUGEMテーマ:写真日記

ここ数日になって噂の信憑性が高まってきた「k-3」が、正式発表されました。

k-3と言えば、数年前から噂になっていたペンタのフルサイズナンバーのはずでしたが、結局
APS-Cフォーマットでのご登場。

それにしても、見事なまでにキープコンセプトなデザインです。
右肩にできたコブが、何やら新機能の予感めいていたのですが、ヘッドフォンの端子でした。
これならコッソリ買増しても家族には判らないカモ・・しれませんね。

ペンタ定番の親指AFボタンが従来のAE-Lの位置に追いやられ、静止画/動画のセレクトが鎮座
しているところを察すると、今度のモデルはそちらにもチカラを入れているのでしょうか・・


k-3・・


スペックを見ると・・

①センサーは2400万画素APS-Cセンサー、ローパスレス
②画像処理エンジンは新開発のPRIME III
③ボディ内手ブレ補正は、より高性能な新型のコントローラーと駆動ユニットを採用
④イメージセンサーを露光中にわずかに動かすことで光学式ローパスフィルターと同じ効果が
 得られるローパスセレクター機能(効果は強、弱、OFFが選択可能)。
⑤アストロトレーサー対応(オプション)
⑥AFユニットは新開発のSAFOX11。-3EVに対応。AFに測光センサーの色情報を活用
⑦AFの測距点は27点(25点クロス)、中央3点はF2.8の光束に対応
⑧86000ピクセルのRGB測光センサー

⑨連写は8.3コマ/秒
⑩メディアはSDカード(SDXC、UHS-I対応)、デュアルスロット
⑪HDR使用時にRAW形式で保存が可能
⑫ファインダーは新開発で、光学系を一新。視野率100%、倍率0.95倍
⑬ボディは前後と上下にマグネシウム合金を採用。防塵防滴。-10℃の耐寒性能
⑭シャッターの耐久性は20万回
⑮オプションのFLUCARDでスマートフォンとの連携が可能
⑯ボディはブラックとプレミアムシルバーエディション
⑰バッテリーグリップはK-3専用のD-BG5

と、まぁ今回はかなり力を入れて出してきました。赤字は僕が特に食いついたトコロ。

スペック的にはハイエンドモデルとしてかなりイケてる内容になっていますが、問題はこれが
どこまでちゃんと仕上がっているか?

僕的には、k-5IIs/k-5の画質には概ね満足しているので、今のままでも良いです。
気になるのは、意外とクセのあるAEと、やはり動体にはやや非力なAFの改善状況でしょうか・・
AFはレンズ性能に大きく左右されます。ボディーが進化してもそれに対応した純正レンズがあるのか・・
AEもボディ単体性能だけでなく、フラッシュとの連携性能の向上など、そろそろ純正でこの辺
までをしっかり対応したシステムの提供を期待したいですね。


PENTAX K-3


11月上旬発売予定とのこと
今回こそ、飛びつかいないです・・

だって・・今年の大型補強はすでに済ませてしまいましたから・・

coming soon