whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

1 year ago ・・

JUGEMテーマ:写真日記
 
 
 

1年前のいまごろ・・僕は仕事で北国を行ったり来たり。

前週の日曜日に札幌入り、16日金曜日は札幌最終夜ということで、ツレと夜の街に繰り出すことに・・

 
 
 

1year's ago・・


 


クリスマスシーズンの大通り公園はこんなイベントもやっていて、とてもいい雰囲気。



 

f:id:orihasat:20211226003125j:plain





ただ、野郎二人で徘徊するには、やや寂しすぎる光景。

ホットワインと洒落こんでみるものの、酔いきれず・・


 

 

f:id:orihasat:20211226003203j:plain





その後、王道のススキノではなく、狸小路に場所を移して呑み直し・・


 

 

f:id:orihasat:20211226003257j:plain





よせばいいのに、シメのラーメンも食べて・・


 

 

f:id:orihasat:20211226003318j:plain





札幌の夜は終了・・


 

 

f:id:orihasat:20211226003355j:plain





帰り道、急に吹雪はじめて・・


 

 

f:id:orihasat:20211226003419j:plain





雪が道の上を雲海のように流れるのが、幻想的だった・・

翌日、夜までしっかり仕事して、21時の便で帰京。



翌朝ハヤブサに乗って青森へ・・
このエントリーへつながります。

龍飛崎に来るのは、初めて。
それも、こんな真冬に来ようとは・・



 

f:id:orihasat:20211226003458j:plain






津軽海峡。

なんともド演歌な世界が広がっていた。

荒涼と凪だつ海原。凍てつく北風・・

この時期にココに降り立ちこの景色を眺めていると、あの歌が心に深くしみて来る。



 

 

f:id:orihasat:20211226003521j:plain









f:id:orihasat:20211226003543j:plain









f:id:orihasat:20211226003602j:plain










f:id:orihasat:20211226003625j:plain







夕暮れ時、宿からの眺め・・

20日の昼でココ龍飛での仕事も終了。

 

 

 

f:id:orihasat:20211226003649j:plain





青森に帰る車中、僕は友人たちのメールを待っていた。

龍飛では携帯がギリギリ圏内だった。どうしてもリアルタイムでそのメールを受けたかったので、
道中受信状態が気になって仕方なかった。

でも、そのメールが届いたのは14時。市内に入ってからだった。たぶんほぼリアルタイム・・


「チノパンと赤いチェックのシャツ姿だよ 」

「お洒落なおとこだったな。」


そうか、そうか、彼らしいな・・

僕はそのメールを読みながら、心の中でつぶやいた・・

「さよなら、てっちゃん・・」






f:id:orihasat:20211226003714j:plain

 

 




それは、彼の出棺を知らせるメールだった。

彼の訃報が届いたものの、しばらく自由の効かない状況だった。せめて遠い空の下、彼を見送りたくてお願いしておいたのだ。

彼とは中学からの友人。今で言うイケメンでユーモアセンスも抜群で、勉強も出来る。
ちょっと敵わない存在だったかなー

一時、恋敵でもあった・・

でもお互いそれぞれ違う人と結婚して、新婚旅行のおみやげにプルートのぬいぐるみを持ってきてくれたよね!
今でも我が家のマスコットだよ。

ここ近年はお互い忙しくて、年賀状のやりとりだけだったけど、2010年3月の僕らのイベント「オトナの遠足に」参加してくれた。
そこで重い病と闘っていることを知ることになったんだけど・・

さすがにこの歳になると、知らなくていいようなことも知っているもので、彼の病状が決して楽観できるものではないと察していた。

でも、奇跡は信じ念じなくては・・

実際、彼は頑張った。

病状は好転して社会復帰も遂げた。

今度はいつ会えるかねー

みんな再会を楽しみにしていた。

しかし、病魔の方がずる賢くて、強かったようだ・・

残念。


旅立つには、ちょっと早かったかな・・もう少しバカ言いながら遊びに出かけて、お酒呑みたかったよ。


まあ、いずれ後から追いかけて行くんで、先にあの世の楽しいところ見つけておいて!
よろしく。

実はまだ、てっちゃんの旅立ちを悲しんで泣いてないんだよ・・なんかタイミング逃しちゃって。


今日は君の命日。


早いな一年って・・


これを書き終わったら、一杯やりながら、少しだけ涙しようと思う。

あらためて、冥福を祈る・・