whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

D10s ・石を替える・・

 

 

M1  Mac miniでHi-Res。

 

 

whgblog.com

 

 

その時導入したDACD10s。ひと月ほど前に石(オペアンプ)を交換して、さらなる良質音場に浸っております。

 

 

 

 

 

オペアンプはBurr-Brown社製 OPA627AUが神格化され、ここに帰結するという方も多いようです。ただこの石、中々お高い。そしてプレミアモノ故か、偽物が流通していて注意が必要ということで様子見。

 その中で、買うならコレでしょうか・・・

 

 

 

 

僕はJRCで探してみたいと考えていたので、MUSESシリーズ8920Dを選んでみました。

秋月で@480円。オペアンプの中ではエントリークラスの価格ですが、その分気負わず試すことができるかと・・・

 

akizukidenshi.com

 

さて、その感想ですが、そりゃもう標準品より明らかに良い。

D10sのデフォルトでは、ミュージックのEQで中低域を下げないと聞き疲れする音でしたが、この石はその帯域を含めフラットに近い聴感となり、EQ設定は不要になりました。

平凡な味付け。一見つまらない印象ですが、音場定位がさらに明確になり聴いていて楽しい。聞き疲れしない。そしてカカクヤスク。いい感じです。

 その実装作業は簡単です。

前後パネル面のネジを外してカバーを開ける。ネジは表示面側が2.5 CN面が2.0のヘックスなので2種必要。僕はフラットケーブルを外してCN面をフリーにしましたが、その作業は省略してもカバーを開ける事は可能です。

ただし、カバーのつなぎ目にバーコードシールが貼ってあるのですが、コレ一度剥がすと再度貼れないワランティシールの様なので、注意が必要です。

 

 

管制塔・・

 

 

デフォ実装品は TILME49720 NA でした。

8P程度のIC交換なら、細いマイナスドライバーを用いて外すことが可能。

 

 

管制塔・・

 

 

 JRC MUSES 8920  ハイエンド・オーディオ機器用オペアンプ。

 

 

www.njr.co.jp

 

 

プロ用ミキサーの中に居たりします。

 

 

 

管制塔・・

 

 

 

石にある丸印をこの向きに合わせて、差し込みます。

 

 

 

管制塔・・

 

 

コレで更に至福の高みへ行くことが出来ます。

 実はもうひとつ石を買ってあります。それは少し基盤組み立てが必要。もう少し今の石を楽しんでから交換してみたいと考えています。