whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

旅カメラ・・

JUGEMテーマ:写真日記

昭和の香り、プンプンですなー

昭和な・・ PEN E-PL3+ SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

一週間が早い。

先週土曜日から月曜日まで、仕事で甲府に出かけてきました。甲府に仕事で行くのは初めて。
仕事は日曜の午後からだったので、前乗りして少しばかり観光気分を味わって来ました。

せっかくなので、市内の湯村温泉郷に宿泊。住宅街の中にひっそりとある温泉でした。


PEN E-PL3+ SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

宿は湯村ホテルB&B シングル主体のビジネスホテルライクな宿ですが、一人で利用するなら
この方が気楽だったりして・・
自家源泉かけ流し平均湯温41度。毎分湧出量90リットルと豊富な湯量に恵まれたお風呂は、
カラダにじんわり染み入る感じで心地よかったですよー

ただ、温泉街自体ははっきり言って寂れています。

弘法大師が1200年前に開湯し、葛飾北斎にも描かれ、文豪太宰治井伏鱒二松本清張
達も愛した由緒ある温泉郷ですが、今はその役目を終えた感がありますねー


PEN E-PL3+ SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

4月に尋ねた飯坂温泉街もそうですが、地方の温泉歓楽街って景気を反映してか、寂しいですね。
娯楽や企業の福利厚生などが大きく変わった昨今は、客足遠のいているんだろうな。
昭和生まれ、昭和の娯楽を楽しみつつ育った僕にとっては、なんか懐かしくて落ち着く場所
なんだけど・・

翌日は・・


PEN E-PL3 + ED14-42mm F3.5-5.6II R MSC  with FCON-P01

仕事まで時間があったので、昇仙峡散策に・・渓谷にそびえる奇岩と秋の紅葉で有名な所ですね。
今の時期は新緑が美しすぎる・・
この写真は例のフィッシュアイ・コンバーターで撮っています。


PEN E-PL3 + 14-42mm F3.5-5.6 II R MSC

ここも来るのは小学生の頃に親に連れてきてもらって以来、三十数年ぶりとかですね。
でも当時の記憶、ほとんどないなー

ここも昭和から時間が止まっている雰囲気プンプンで、僕にはたまらない場所でした。


PEN E-PL3 + ED14-42mm F3.5-5.6II R MSC  with FCON-P01

これもフィッシュアイ・コンバータで撮影。更にART FILTERのドラマチックトーンモードを
使ってみました。渋い雰囲気出ますねー



PEN E-PL3 + ED14-42mm F3.5-5.6II R MSC  with FCON-P01

ドライブインだもの・・ 姿を消しつつある呼び名だよね。
そういえば、この日は日曜日だったのに、人影まばらだった。時期的に仕方ないのか、ここ
も一時代が過ぎ去ったのか・・

僕的にはスイッチが入ってしまって、仕事が終わった月曜日の昼頃から、またここに来ること
になったのですが・・

さて、今回の出張がPENの旅カメラデビューとなりました。クルマでの移動だったので、調子
に乗ってレンズ3本体制でお出かけ。でも荷物としてはコンパクトになりました。
それでいて撮れる画はコンデジとははるかに違う立体感のあるもの。目論見上々です・・

次回のエントリーでは、渓谷散策をしながらの旅カメラ模様をご紹介します。