whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

NANKANG・AW-1・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

昨年のエントリーの続きとなりますが、中禅寺湖を後にして金精峠を越えるルートを目指しました。

 

途中の戦場ヶ原とその周囲の眺望は、すっかり冬枯れの景色。でもそのブリーチした色味が

ClassicChromeに妙にマッチします。

 

 

 

 

 

 

NANKANG・AW1・・

 

 

 

 

 

 

金精峠に続く九十九折への入り口に着く頃には、前行くクルマは一台づつ脇道へそれていったのですが、

KTMだけが頑張って前を走っていました。

 

標高を上げるに連れ気温はどんどん下がり、0℃そして氷点下3℃とバイクで走るには危険なレベルに・・

まさかこのまま峠越えする気?

 

 

 

 

 

 

NANKANG・AW1・・

 

 

 

 

 

 

いよいよ路面に雪も乗り始めたので、その写真を撮りたくて僕はKTMとの同行を離れました。

彼は更に先を目指し、やがて視界から消えて行きました・・

 

 

 

 

 

 

NANKANG・AW1・・

 

 

 

 

 

 

 

僕はしばらく写真を撮っていたのですが、すると上からKTMの彼がトコトコと下ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

NANKANG・AW1・・

 

 

 

 

 

 

良かった、ソレが正解。この先はバイクで進む季節は終わっているから・・

 

実際その先に進むと、トンネル手前まではシャーベット上の雪が所々積もっている感じでしたが、

トンネルを抜けると景色は一転して、路面もしっかりとした圧雪状態で、僕も少々緊張を強いられる

状況になりました。

 

今シーズン、スタッドレスを新調。前回に続きNANKANG、そのニューモデルAW-1をチョイス。

僕は前回のESSN-1の経験から、アジアンスタッドレスの性能に対して一定の信頼があるので、このAW-1にも

不安は無かったのですが、正しくそんな感じで氷点下3℃峠道の圧雪路の走行性能に何ら不安を感じませんした。

途中下りヘアピンでブラックバーンに少々オーバースピードで入ってしまったのですが、少し滑りつつもグリップしながら

スピンせずクリアすることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

NANKANG・AW1・・

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアンスタッドレス、NANKANG AW-1は確実に進化していて、中々の好印象。

ドライ路面での乗り心地や静粛性もレベルが高くて、夏タイヤとしてチョイスしたAS-1よりも

快適です。

 

ただ、コンパウンドがソフトになっているので、ドライをハイアベレージで攻めるとブレイクポイントは

低いレベルで顔を出します。ご注意を・・

 

 

 

 

 

遅くなりましたが、whg+ 本年もよろしくお願い申し上げます

 

XF35mmF1.4R + X-T30