whg + blog ・・

歳取ると、ひとり言増えるよね・・

X-T10・雑感・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

  

ニャンコ発見 (^^)

 

右手で、X-T10のフロントダイヤルを押してAFエリアの選択モードに入る。

ダイヤルをクリクリ廻して、シングルAFからゾーンに変更。

その動作と併せて、左手でAFモードレバーを操作。AF-SからAF-Cにセット。

歩いている姿を追いたいので、左肩のドライブモードダイヤルを廻してCH高速連写へ。

 

さあ、狙います。

 

パチリ・・

 

 

 

 

X-T10・雑感・・

 

 

 

文章にすると、ざっとこんな感じですが、X-T10は小型ボディでありながら

シンプルな動作の合わせ技で、この辺の切替がサクッとできます。

コレ、デフォルトの設定。

 

フィールドに出ると、こんな状況多々あるかと思いますが、

E-M1だとこの動作に手間取る・・

 

僕はカスタム設定で、Fn1にAFターゲットをホームポジションに戻すという割り付けをして

必要に応じてスモールターゲットとグループの変更を行っています。

ただ、この使い方注意が必要で、電源を切る時はホームポジションに設定した以外の

ターゲットで終了すること。これ必須。

あくまでもホームポジションに戻す機能なので、トグル動作的な所作はしてくれません。

 

僕の場合、使用頻度が高いのはスモールターゲット。たまにAF-Cでグループを使いたい。

そうすると感覚的にホームポジションはスモールターゲットになりますが、

ソレに設定すると、スモールターゲットで電源切ると、次回から二択動作が出来なくなります。

 

ホームポジションをどう解釈するかで、ハテナな動作をするE-M1。

面倒くさいでしょ?

 

仕込みがモノ言うE-M1。ただ、そこまで持っていくのがややこしい。

X-T10は直感的に扱えるカメラ。フジのカルチャーに最初は戸惑うこともありますが、

慣れれば普段使いは実に快適。

 

願わくば、露出補正をリアダイヤルで変更できるモードを追加してもらいたいな。

右肩に立派な専用ダイヤルを用意していますが、小型故ファインダーを覗きながらの操作がやや不便。

 

ファームの変更でチョイチョいっとね・・・

 

 

 

 

 

 

XF-90mmF2 R LM WR+X-T10